現在番地銘石月見野工場では、くつろぎスペースを改良中です。

▼雨や雪の日に、屋外でバスを待っている方々の様子を見た社員が、「展示場そばのスペースに椅子を置き、お茶もお出しして、バスを待っている方々がゆっくりできる場所を作ろう!」と始めたくつろぎスペース堤店▼

弊社月見野工場も月見野霊園、バス停のすぐそばなので、お墓参りに来られた方がのんびり過ごせる場所になるよう、またお墓参りだけでなく、お散歩の休憩場所としてもご利用いただけるようくつろぎスペース月見野ver.を皆でせっせと改良中です。

【今日はその様子の一部をご紹介します。】

弊社工場長の成田は大のねぶた好き!!

番地銘石の目指す形も「心の豊かなふるさとづくり」なので、青森らしさを感じていただけるよう、くつろぎスペースに飾る看板(弊社オリジナルキャラクター:バンちゃん)をねぶたの手法で作っています。

工場長による下絵描きのあと、みんなで骨組み、電機配線、紙はり、書割・・・これから色づけが待っています。

普段石の加工をメインに働く職人たちも、ねぶた作りという別の作業を通じて、改めてモノづくりの楽しさを実感し、良い刺激になっているようです(^^♪

市営霊園が開く4月1日に向けて、工場内の展示の仕方、くつろぎスペースの改良、社員一丸となって進めています。

▼バンちゃん以外にも、こちらはまだシルエットだけのねぶたも作成中♪

新しいくつろぎスペース月見野店、ねぶたの完成系もこちらでお披露目します(^^♪

どうぞお楽しみに!!