前回のブログでもご紹介しました、弊社月見野工場くつろぎスペースに設置するねぶたが完成しました!!

【今日はこちらをご紹介していきます。】

職人全員で丁寧に紙貼りをした後は、


ねぶた制作総指揮である、弊社工場長の成田が心をこめて色づけを進めていきました。

背面には、弊社のモットーである「感謝をこめて永いおつきあい」の文字を、


前面にはこのねぶたのモチーフとなった「武内宿禰(たけうちのすくね)水溝を作る」の文字と工場長の名前を冠していざ台上げ!

今回敬意を込めてモチーフに選んだのは、第三代ねぶた名人である佐藤伝蔵氏が作ったねぶたです。

武内宿禰とは様々な説がありますが、大和朝廷時代に活躍したといわれる伝承上の人物で、水溝を作る際、雷で石を砕き、田んぼに流れる水路を作ったとされています。
石を使って未開の地を切り開いていく様子が、石屋にぴったりだとこのテーマを選びました。

弊社でも石を使って墓石やモニュメント、最近ではカーリングストーングッズなど、様々なものを制作しておりますが、これからも石という資源に感謝と敬意をもって真摯な姿勢で制作に携わっていきたく思います。

今回ご紹介いたしました月見野工場くつろぎスペース、
お墓参りだけでなく、お散歩の休憩場所としても是非ご利用下さいませ。