こんにちは、青森県内でお墓・記念碑の工事をさせていただいている番地銘石です。

前回の下見から実際の工事まで間が開いてしまったので、タイムラグがありますが、27日に青森農協会館にて、胸像の台石移設工事をしてきました。

台石を動かす前にまずは胸像を布で保護し、一旦取り外し。

外した後は垂木の上に置いて、これから台石を移動します。

ここから先は別の業者さんがジャッキアップ、エントランス正面まで移動しました。

台石を移動後は再び弊社で位置の微調整と水平を確認し、胸像を設置。

設置位置を確認し、固定するために石膏を塗ります。

そしてこちらが完成写真です。

今まで部屋の端に置かれていた胸像がエントランス正面に移動しました。

農協会館の仕事に限らず、何か偉業を達成した人の功績を後世に伝えていくことは私達石屋の仕事の醍醐味だな、と今回の仕事を通して感じました。

番地銘石では仕事を通じて地域の文化を大切に、心の豊かなふるさとづくりに貢献します。