こんにちは、青森県内でお墓・記念碑の工事をさせていただいている番地銘石です。

先月ですが、青森山田高校サッカー部の2度目の全国制覇達成記念碑の工事が完了しました。

今回の工事では2017年に続いて2度目の全国制覇を記念し、前回建てた記念碑の左側に建立いたしました。

今回施工した記念碑は、デザインの打合せに2か月を要し、山田高校のチームカラーにちなみ高さ1.6m・重さ700kgの緑御影石を使用しました。

台座は斜めにカットし、Vの字を表現、上は優勝トロフィーをテーマにデザインしました。このトロフィーは毎年優勝校に授与され、山田高校は現在2個所有しています。

最初はサッカー部のエンブレムにちなんで竜の爪を考えていましたが、最終的なデザインからは外れました。

こちらは弊社工場長が粘土で作ったイメージ

最終的にトロフィーを模したデザインになりましたが、三日月形の石を組み合わせて再現しました。

こちらは向きを調整する様子。

向きを決めた後、芯棒を入れ台座に固定しました。

そして、台座の裏側には登録メンバーとトーナメント初戦から決勝までの対戦校・結果を彫刻しています。

7月5日付の東奥日報にも掲載されました。

前回記念碑工事をさせてもらった時に「これから結果を出した時のためにスペースを空けておく」と話しましたが、その言葉通り2年後にこうして工事させていただき、とてもうれしく思います。

こうした記念碑事業は弊社の得意な分野であり、山田高校のみならず何か達成したことを形として残すお手伝いをさせていただくことは、大変ですがやりがいもあります。

チームは現在プレミアリーグを戦っていますが、今後も新たにスペースを作るほど大会で優勝して欲しいですね!