皆さんこんにちは、青森でお墓、記念碑工事をさせていただいている番地銘石です。

今朝出勤したら、机の上に健康診断の受診表が置いてありました。

検査結果を見て、

となる方も多いと思いますが、なぜ毎年健康診断を受けなきゃいけないか調べてみました。

 

厚生労働省のHPを見てみると、

〜事業者は、労働安全衛生法第66条に基づき、労働者に対して、医師による健康診断を実施しなければ なりません。また、労働者は、事業者が行う健康診断を受けなければなりません。〜

とあります。

 

これは使用者責任という範疇に入っていて、雇用している従業員の健康管理は企業の責任で管理する必要があるからです。

 

さらには、従業員の健康状態が悪いと経営上も悪い影響が出るため、健康診断を実施しないことで業績に悪い影響を与える可能性があります。

 

極端な話、お金は失っても取り戻せますが、健康を失ったら、仕事や旅行など健康であればできることができなくなります。

 

コロナによるリモートワークで運動不足や自粛太りと囁かれますが、従業員が健康になれば通院する機会が減り、その結果医療費の負担も減ることになります。

 

毎日の運動や食事管理など、健康でいるために気をつけたいですね。

 

 

 

番地銘石では仕事を通じて地域の文化を大切に、心の豊かなふるさとづくりに貢献します。

お墓・石工事に対するお問い合わせはこちらまでお気軽にお電話下さい。

フリーダイヤル 0120-75-1483